地に足をつけずに世界を生き抜くブログ

2日で楽しむ北陸・金沢旅行!金沢市から輪島まで遊びつくす

8月の終わりに北陸・金沢へ旅行に行ってきました。土日の1泊2日ですが、気温もほどほどに暑く、東京より涼しい風が吹いており、快適でした。仕事終わりの夜に夜行バスで新宿から金沢駅まで約8時間ほど。退社後なので、疲れもあって運行中はほぼずっと寝ておりました。夜行バスはひたすら寝るに限ります。

朝の8時半すぎに金沢駅到着。今回は親と現地集合にしたので、待ち合わせ時間まで少し余裕があったので駅近くにあるアパホテルのスパで朝風呂浴びてすっきりしました。カフェで朝食食べて駅を出発です。

初めての北陸。

今回の旅行のおめあては、金沢21世紀美術館と兼六園。いつものことですが、旅行の計画は緻密に立てずにいきあたりばったりです。今回も2日目は特にそうでした。それにしても金沢駅は大きくて広かった。鼓門と金沢駅のコントラストが良かったです。ひとまず駅から歩いて21世紀美術館へ向かいます。歩いていくと、近江町市場がありました。中を通っていくと活気よく海鮮が売られていました。その場で買って焼いてもらって食べられる立食スタイルでした。ここでは何も買いませんでしたが、夜ご飯に金沢駅の中にある寿司屋で食べたネタはめちゃくちゃ美味しかったです!いくらがとろけるように柔らかかった。。

道が広いわりには人が少ない

これは個人的に思う田舎および地方都市あるあるなのですが、田舎の方が駅ばかり発展しすぎてその周辺の街まで発展してないですよね。駅が大きくなるのはいいことですが、それは結局は観光客向けであってローカルなお店が見当たらないのはちょっと面白くないですよね。金沢駅前に続く道も道幅は広くても歩いている人は少なかったです。道中にもなにかローカルなお店があればいいんですけれどね。

古き良き日本がありました。

兼六園、武家屋敷跡、輪島の街並みなど古くからの日本建築がいくつか残っていて昔の趣を肌で感じることができました。鈴木大拙館近くの庭園など日本家屋がそのまま残っているところがあり、和風好きな私からしたらテンションが上がりました!

2日間で行った観光スポット

  • 21世紀美術館
  • 兼六園
  • 近江町市場
  • ひがし茶屋街
  • 輪島の朝市
  • 千里ヶ浜ドライブウェイ
  • 白米千枚田
  • 鈴木大拙館

1日目で金沢市にある主な観光スポットは見て回ることができたので、2日目は急遽車をレンタルして輪島までドライブしました。(親に感謝)朝8時過ぎに金沢市を出発して、11時前には輪島に着いたので朝市に滑り込みセーフで間に合いました。日本海を横目にしたドライブは気持ちよかったです。帰りに千里ヶ浜の砂浜をドライブしたのですが、そちらも最高でした。バスでいくこともできますが、免許があれば車をレンタルした方が安くて快適だと思います。免許持っていなくても、近くで自転車をレンタルすることもできるので、ひとり旅の人は自転車で砂浜を走るのもいいですね🚴‍♂️

まとめ

今回は初めての北陸地方の旅になりましたが、結果的に良い旅の思い出となりました。やはり日本ローカルの場所を観光して美味しいもの食べたり、昔からある日本の風景を見るのはおもしろいですね。日本海の風を浴びて日頃の疲れをリフレッシュすることができました。私は日本家屋や古くてレトロとよばれているものが大好きなのだと再確認できました。また日本独特の文化が残る街並みや島が好きなんだな〜と。以前訪れた小豆島にもまた行きたいと考えています。

つぎはどこ行こうかな〜と考え中です。電車の距離でいけて安く済ませることのできるひとり旅でもしようかな

鈴木大拙

鈴木大拙の思想や哲学に興味を持ったのでこの本を買いました。禅寺にも行ってみたい。

コメントは受け付けていません。