地に足をつけずに世界を生き抜くブログ

夏なので、英語の勉強を少しずつ再開してみようと思う

最近、勝間和代さんの英語の勉強について書かれた本を読みました。英語教材の買い漁りとか、学習の本質的なことについて納得のいくことが書かれていたのでもういちど頑張ろうかなと思い始めました。

勝間さん自身も学生時代の留学経験や外資系での経歴もありますが、英語の必要性が身にしみてから必死で勉強したらしく、英語ができる日本人としてのスキルまでは身に付けたらしいです。

確かに、日本だけで生きていると英語なんて必要な時がほぼ無いです。ただ外国の文化や情報を取り入れたい、洋画を字幕なしで観たいといったことくらいですね。もし、日本から脱出してこれからは海外で暮らしていくぞ、留学するぞと思ったら、今すぐにでも英語学習を効率よく自分の時間を使って始めた方がいいですね。

本の中でも書かれていますが、今の日本の経済状況や労働環境について、少しでもおかしいな、つらい、生きづらいと感じたら英語圏で生活することを視野に入れて将来を考えた方がいいだろうな思います。

かくいう私も最近、日本とくに東京で生活していて、もう辛いと思うことが多々あるので、30歳を目処に海外にいく準備をしていくつもりです。

英語で働く・暮らすことが前提になるので、英語ができたら生活していく基盤としての技術スキルもまた必要になってくるのですが、そこも並行して学んでいきます。ひとまずすでに持っている英単語や音読の音声パッケージをiTunesに取り込んで発音の練習しています。

いまの自分の実力がわからないので近いうちにTOEICでも受験してみます〜

コメントは受け付けていません。