地に足をつけずに世界を生き抜くブログ

Tokyo Art Book Fairに行ってきた

Tokyo Art Book Fairとは?

2009年から年に一度開催されているアジアで最大規模のアートな本が集まるイベントです。アートブックのみならず、出版社や個人で制作したZINEなどが出展されています。

アートブックフェアとは

アートブックやアーティストブック,ZINEなどを製作する個人,グループ,企業などがブースを持ち,来場者と直接交流しながら書籍の売買を行うイベントです。出展者は個人のアーティストからアート系出版社,ギャラリー,書店などさまざまです。多様な表現に触れることのできる機会となっており,また,書籍という比較的手に入りやすい価格帯のものを取り扱うことで,アートに触れる入り口として絶好の機会にもなっています。

Tokyo Art Book Fair公式サイトの説明より

今年はこの三連休に開催されたのですが、このイベントの前イベントとして銀座ソニーパークでも開催されていました。

初めてこのイベントに行ってきましたが、結構な人でいっぱいでした。今年は東京都現代美術館が会場でした。中に入るとほんとに人、人でいっぱい。一方向に歩いていても前に進めないし、出展してるブースも人がいるとゆっくり見られないので、空いてる箇所から攻めるのがおすすめです。

おもしろそうなものを見つけた

今日行って見つけた面白そうな作品を紹介します。ちなみに以前から気になってたLee Kan Kyoさんを生で見ることが出来たのでわりとラッキーでした。

Lee Kan Kyo

台湾出身のアーティスト。週刊誌などの雑誌の表紙をイラストに描きおこしてアート作品を作ってる人。ウェブマガジン温度(http://ondo-books.com/tag/lee-kan-kyo)や山田和寛さんの経由で知ったのかも。会場には、ちょうどご本人がいらっしゃって、実際にきた人のカードを生でイラストに描き起こしていた。それ知らずにきたので自分も描いてもらえばよかった。保険証とかPASMOしか持ってないけど。

BOOTLEG

書店に売られている「TRANSIT」をデザイン・編集している会社。出展されている境界(https://bootleg.co.jp/works/atlantis-the-border-issue-1/)というイシュー本が世界情勢的でおもしろそうだった。手持ちに余裕があれば買ってた。わりとしっかりした内容だったので今度蔦屋書店で探してみます。

Hand Saw Press

武蔵小山にあるリソグラフ印刷所。リソグラフには興味があって、自分がProcessingでつくったビジュアルをリソグラフで印刷してみたら面白そうだな〜と前から思っていた。今回、生で見てやっぱり色がきれいなのと、アナログな感じの質感と表現がデジタルで生成されたグラフィックとどう混じり合うのか、ちょっと見てみたい気がする。リソグラフ化したいグラフィックをどんどん作っていこー。

ZINEをつくることにした

すぐに影響を受けるタイプなので、zineを作りたくなった。テーマは、カレーとナン。好きなインドカレーを紹介する内容のZINEをつくろうと思う。構成はこれから考えます〜。来年も楽しみなイベントでした。

Tokyo Art Book Fair https://tokyoartbookfair.com/